イベント /パーティー Event and Party

 

 


シンポジウム Symposium
「アートにまつわる経済の話」
2月5日 18:30
会場: 日本経済新聞本社2階 SPACE NIO 内 多目的スペース
参加無料 定員制
ゲスト:窪田研二(インデペンデントキュレイター)
モデレーター:ARATANIURANO
メールにてご予約下さい。
ntc@newtokyocontemporaries.com
お席の確保がございますので、事前のお申し込みをおすすめします

5 Feb 18:30 @ SPACE NIO Auditorium
Guest: Kenji Kubota (independent curator)
Moderator: ARATANIURANO
about the relationship between art and money
Reservation required
ntc@newtokyocontemporaries.com

元銀行員で美術館の学芸員だった経歴をもつ窪田研二さんに「アートにまつわる経済の話」と題してお話いただきます。
モデレーターはニュートーキョーコンテンポラリーズおなじみのARATANIURANOの荒谷智子さん、浦野むつみさんです。
ギャラリストの意見も交えながら、現在の美術市場の話から美術本来の楽しさまでを皆さんにお聞かせします!
ぜひこの機会をお見逃しなく!

窪田研二
1965年東京生まれ。銀行員を経て1993年から2006年まで上野の森美術館、水戸芸術館現代美術センターの学芸員として勤務。
「日常茶飯美」展、「Lonely Planet」展、「X-Color / Graffiti in Japan」など多数の展覧会を企画。2006年からインディペンデントキュレーターとして活動を開始。2007年「収蔵作品展-マネートーク」展(広島市現代美術館ゲストキュレーター)を企画。2008年には「AKASAKA ART FLOWER 08」でアートディレクター、「シンガポール・ビエンナーレ2008」でディレクターアシスタントを務める。2009年は「TWIST & SHOUT」展 (BACC,バンコク)、2010年3月より「六本木クロッシング2010」のキュレーションに参加。現在、東京とシンガポールを拠点に活動中。
KENJI KUBOTA ART OFFICE:  http://www.officekubota.com/


Kenji Kubota - formerly a banker, subsequently a museum curator and presently an independent curator, will present a talk on the relationship between art and the economy. The moderator will be gallery owners Tomoko Aratani and Mutsumi Urano of ARATANIURANO. The discussion, benefitting from the added perspective of the gallerist, will focus on primary issues of aesthetic interest within the context of the commercial.

Kenji Kubota
1965 born in Tokyo. Following a career in banking, from 1993 to 2006 was working with Ueno Royal Museum and curator with Mito Art Tower.
2002 curated Beautiful Life?, 2004 curated Lonely Planet, 2005 curated X-COLOR/ Graffiti in Japan all fro Art Tower Mito. 2006 began activities as an independent curator. 2007 organized collection exhibition Money Talk as guest curator for the Hiroshima City Museum of Contemporary Art, Hiroshima. 2008 Art Director of Akasaka Art Flower and assistant to the director of the Singapore Biennial. 2009 curated Twist and SHout : Contemporary Art from Japan for the Bangkok Art and Culture Center. 2010 curator of Roppongi Crossing for the Mori Art Museum. Presently lives and works in Tokyo and Singapore.
KENJI KUBOTA ART OFFICE:  http://www.officekubota.com/


トークイベント Talk Event
近藤ヒデノリ 「生・TOKYO SOURCE -現代アートと広告を同じテーブルで語る-」
ゲスト: 田中偉一郎(現代美術家)
会場:  Cafe 1894 (三菱一号館)
日程: 2月6日 19:00
参加無料 定員制
メールにてご予約下さい。
ntc@newtokyocontemporaries.com
お席の確保がございますので、事前のお申し込みをおすすめします

Hidenori Kondo "interview series focusing on 100 creative individuals responsible for creating an exciting future"
Guest: Iichiro Tanaka (artist)
Place: Mitsubishi Ichigokan Cafe 1894
Date: 6 Feb 19:00
Reservation required
ntc@newtokyocontemporaries.com

近藤ヒデノリ  (TOKYO SOURCE編集長/広告代理店勤務)
1971年生まれ。1998年から博報堂を休職してNY大学/国際写真センター芸術学部修士過程終了。
復職後は同社で広告制作をしながら、2005年に「東京発、未来を面白くする100人」を掲げた
ウェブマガジン、TOKYO SOURCEを始める他、季刊誌『広告』の編集、個展、出版など、メディアを選ばず表現活動を続けている。
最近の主な仕事に「いろはす」「JT」「エッセンシャル」等。共著書に『これからを面白くしそうな31人に会いに行った』
『アクティビスト』。現在、編集中の書籍、「混浴温泉世界―場所とアートの魔術性」が今春発売予定。

近藤氏による以前のインタビュー:
http://www.tokyo-source.com/interview.php?ts=1

田中偉一郎 (現代美術アーティスト)
1974年愛知県生まれ。東京を拠点に制作活動を行う。
1997年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。
2001年東京芸術大学大学院修士課程デザイン専攻修了。
主な展覧会に2006年「クラシック・カラオケ 2006」(Yuka Sasahara Gallery、東京)、2008年「東京ナンセンス」(SCION Installation LA、ロサンゼルス )など個展グループ展多数。2007年の「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展(森美術館、東京)ではオーディエンス賞を受賞。
「フォークデュオ永田」やバンド「リス」などの音楽活動も行っている。
現在、『美術手帖』で連載していた「やっつけメーキング」の書籍化を計画中。


WORKSHOP!!
HARCOZAでは河井美咲と帽子&Tシャツをリメイクするワークショップを開催します。
日時:2月13日(土) 午後3時 - 7時 
場所:HARCOZA(代官山)
問い合せ&予約受付:03-6416-0725 http://harcoza.typepad.jp/harcoza/
Hat and T-Shirt customizing workshop with Misaki Kawai: Saturday, February 13, 3 to 7 pm at HARCOZA
For more information please contact HARCOZA at 03-6416-0725. http://harcoza.typepad.jp/harcoza/

 

Copyright 2010 New Tokyo Contemporaries organizing commitee. All rights reserved