SPACE NIO
(営業時間 平日10:00 - 18:00  休:土、日、祝 展示は2月19日(金)まで)
(Hours: Mon - Fri 10:00 - 18:00 closed on Sat, Sun and national holiday The installation on view through 19th Feb (Fri))
場所:日本経済新聞本社 SPACE NIO
http://www.nikkeinio.com/

 

 

「蒐集家図鑑」展 "Collection room"
日経ギャラリー ショーウィンドプロジェクト
アート作品がコレクションされる事をテーマにした展覧会
In two showcase windows within the Nikkei building, the galleries will present 'art collection' themed installations featuring work of represented artists.


スクリーニング Screening
ニュートーキョーコンテンポラリーズのアーティストによる映像作品がご覧いただけます
New Tokyo Contemporaries presents each day a day-long film screening by a select group of represented artists.

大木裕之 「『TRAIN』 for 日経100108 ネオハイブリット・SPICEmi X」 (2010)
Hiroyuki Oki "『TRAIN』 for Nikkei 100108 Neo Hybrid・SPICEmi X " (2010)
(ARATANIURANO)

奥村雄樹 「Me eating fog in Linkou」 (2009)
Yuki Okumura "Me eating fog in Linkou" (2009)
(MISAKO & ROSEN)

木村俊幸 「極楽鳥」 (2010)
Toshiyuki Kimura "GOKURAKUCHO" (2010)
(ZENSHI)

小瀬村真美 「蝶 - 合わせ鏡」(2008)
Mayumi Kosemura "Butterfly -Matching Mirrors-" (2008)
(Yuka Sasahara Gallery)

佐々木健 「bat」(2005)
Ken Sasaki "bat" (2005)
( AOYAMA l MEGURO)

田口行弘 「Nest」(2008)
Yukihiro Taguchi "Nest" (2008)
(Mujin-to Production)

仲山姉妹 「ジョナゴールド」 (2010)
Nakayama Shimai "Jonah Gold" (2010)
(ZENSHI)

西野正将 「a-her」(2010)
Masanobu Nishino "a-her" (2010)
(Yuka Sasahara Gallery)

松本力 「どこかの星の上で」 (2005)
Chikara Matsumoto "Somewhere Upon the Stars" (2005)
Sound by organ-o-roung 'Fadeless Happiness'
(Take Ninagawa)

シンポジウム Symposium
「アートにまつわる経済の話」
2月5日 18:30
会場: 日本経済新聞本社2階 SPACE NIO 内 多目的スペース
参加無料 定員制
ゲスト:窪田研二(インデペンデントキュレイター)
モデレーター:ARATANIURANO
メールにてご予約下さい。
ntc@newtokyocontemporaries.com
お席の確保がございますので、事前のお申し込みをおすすめします

5 Feb 18:30 @ SPACE NIO Auditorium
Guest: Kenji Kubota (independent curator)
Moderator: ARATANIURANO
about the relationship between art and money
Reservation required
ntc@newtokyocontemporaries.com

元銀行員で美術館の学芸員だった経歴をもつ窪田研二さんに「アートにまつわる経済の話」と題してお話いただきます。
モデレーターはニュートーキョーコンテンポラリーズおなじみのARATANIURANOの荒谷智子さん、浦野むつみさんです。
ギャラリストの意見も交えながら、現在の美術市場の話から美術本来の楽しさまでを皆さんにお聞かせします!
ぜひこの機会をお見逃しなく!

窪田研二
1965年東京生まれ。銀行員を経て1993年から2006年まで上野の森美術館、水戸芸術館現代美術センターの学芸員として勤務。
「日常茶飯美」展、「Lonely Planet」展、「X-Color / Graffiti in Japan」など多数の展覧会を企画。2006年からインディペンデントキュレーターとして活動を開始。2007年「収蔵作品展-マネートーク」展(広島市現代美術館ゲストキュレーター)を企画。2008年には「AKASAKA ART FLOWER 08」でアートディレクター、「シンガポール・ビエンナーレ2008」でディレクターアシスタントを務める。2009年は「TWIST & SHOUT」展 (BACC,バンコク)、2010年3月より「六本木クロッシング2010」のキュレーションに参加。現在、東京とシンガポールを拠点に活動中。
KENJI KUBOTA ART OFFICE:  http://www.officekubota.com/

Kenji Kubota - formerly a banker, subsequently a museum curator and presently an independent curator, will present a talk on the relationship between art and the economy. The moderator will be gallery owners Tomoko Aratani and Mutsumi Urano of ARATANIURANO. The discussion, benefitting from the added perspective of the gallerist, will focus on primary issues of aesthetic interest within the context of the commercial.

Kenji Kubota
1965 born in Tokyo. Following a career in banking, from 1993 to 2006 was working with Ueno Royal Museum and curator with Mito Art Tower.
2002 curated Beautiful Life?, 2004 curated Lonely Planet, 2005 curated X-COLOR/ Graffiti in Japan all fro Art Tower Mito. 2006 began activities as an independent curator. 2007 organized collection exhibition Money Talk as guest curator for the Hiroshima City Museum of Contemporary Art, Hiroshima. 2008 Art Director of Akasaka Art Flower and assistant to the director of the Singapore Biennial. 2009 curated Twist and SHout : Contemporary Art from Japan for the Bangkok Art and Culture Center. 2010 curator of Roppongi Crossing for the Mori Art Museum. Presently lives and works in Tokyo and Singapore.
KENJI KUBOTA ART OFFICE: http://www.officekubota.com/

 

Copyright 2010 New Tokyo Contemporaries organizing commitee. All rights reserved